専門用語・業界用語

どう違う?「処分」と「廃棄」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「処分」と「廃棄」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「処分」とは?

「処分」とは、物や問題を適切に取り扱うことを指します。具体的には、不要な物を処分することや、問題やトラブルを解決することを指す場合があります。

「廃棄」とは?

「廃棄」とは、使用済みや不要になった物を捨てることを指します。主に、廃棄物やゴミを処理する場合に使われます。

「処分」と「廃棄」の違い

「処分」と「廃棄」は似たような意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。「処分」は、物や問題を適切に取り扱うこと全般を指し、「廃棄」は、具体的に物を捨てることを指します。つまり、「廃棄」は「処分」の一部ということができます。

「処分」の例文

1. 不要な書類はシュレッダーで処分しましょう。
2. 使い終わったペットボトルはリサイクルに出して処分します。
3. 問題の原因を特定してから、適切な処分方法を検討しましょう。

「廃棄」の例文

1. 廃棄物は指定された場所に捨ててください。
2. 不要な家具は市の廃棄物回収に出してください。
3. 食品の賞味期限が切れたら、適切に廃棄しましょう。

まとめ

「処分」と「廃棄」は、物や問題を取り扱う際に使われる言葉です。「処分」は物を適切に処理することを指し、「廃棄」は不要なものを捨てることを指します。「処分」の例文では、不要な物や問題の解決方法について述べました。「廃棄」の例文では、ゴミや廃棄物の処理方法について述べました。大切なポイントは、適切な方法で物を処分することや、廃棄物を適切に捨てることが環境保護にもつながるということです。