専門用語・業界用語

どう違う?「全然」と「全く」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「全然」と「全く」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「全然」とは?

「全然」とは、何もない、少しもないという意味です。否定的な表現として使われます。

「全く」とは?

「全く」とも、「全然」とも使えますが、「全く」は「まったく」という意味で、否定的なことを強調する際に使われます。

「全然」と「全く」の違い

「全然」と「全く」は、基本的に同じ意味です。しかし、「全く」の方がより強調するニュアンスがあります。

「全然」の例文

– 彼は全然勉強しない。
– この本は全然面白くない。
– 全然わからない。

「全く」の例文

– 彼は全く理解していない。
– その計画は全くダメだと思う。
– この問題は全く解けない。

まとめ

「全然」と「全く」は同じ意味ですが、「全く」の方がより強調するニュアンスがあります。初心者にもわかりやすく、丁寧なトーンで説明しました。