生活・教育

どう違う?「借りる」と「預かる」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「借りる」と「預かる」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「借りる」とは?

「借りる」とは、他の人から物やお金を一時的に借りることです。自分が所有していないものを他の人から借りて使用することができます。

「預かる」とは?

「預かる」とは、他の人から物やお金を一時的に預かることです。他の人が所有しているものを自分が一時的に管理することができます。

「借りる」と「預かる」の違い

「借りる」と「預かる」の違いは、所有権の所在と使用目的にあります。
「借りる」は自分が所有していないものを他の人から借りて使用することですが、所有権は他の人にあります。
一方、「預かる」は他の人が所有しているものを自分が管理することで、一時的に使用することもありますが、所有権は他の人にあります。

「借りる」の例文

以下に「借りる」の例文をいくつか紹介します。

1. 友達から本を借りました。
2. お金が足りなかったので、親からお金を借りました。
3. パソコンが壊れてしまったので、会社の同僚からパソコンを借りることにしました。

「預かる」の例文

以下に「預かる」の例文をいくつか紹介します。

1. 友達から大切な品物を預かることになりました。
2. 長期旅行に出かけるので、家族からペットを預けられることになりました。
3. 会社の同僚から大事な書類を預かりました。

まとめ

「借りる」と「預かる」は所有権の所在と使用目的が異なりますが、どちらも他の人との信頼関係や適切な管理が重要です。初心者にも分かりやすく説明するには、具体的な例文を交えながら説明することが大切です。