英語

どう違う?「usually」と「always」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「usually」と「always」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「usually」とは?

「usually」とは通常、一般的に、普通にという意味です。何かが普段の状態や通常の方法で行われることを示します。

「always」とは?

「always」とは常に、いつも、常時という意味です。何かが絶えず続いていることや、習慣的に行われることを示します。

「usually」と「always」の違い

「usually」と「always」の違いは、程度や頻度にあります。「usually」は通常の状態や普通の方法で行われることを示し、頻度は高いですが絶対的な継続性はありません。一方、「always」は常に続いていることを示し、継続性がありますが、頻度は必ずしも高くない場合もあります。

「usually」の例文

– I usually go to the gym on Mondays.
– My sister usually eats cereal for breakfast.
– It usually rains a lot in the summer.

「always」の例文

– She always arrives on time for meetings.
– He always helps me with my homework.
– The bus driver always stops at that bus stop.

まとめ

「usually」と「always」はどちらも頻度や習慣を表す言葉ですが、微妙な違いがあります。「usually」は通常の状態や普通の方法で行われることを示し、頻度は高いですが絶対的な継続性はありません。「always」は常に続いていることを示し、継続性がありますが、頻度は必ずしも高くない場合もあります。