英語

どう違う?「told」と「said」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「told」と「said」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「told」とは?

「told」とは、人に何かを伝えるときに使用される動詞です。これは、直接的に相手に対して情報や意見を伝える意味を持ちます。例えば、「彼は私に彼の新しい仕事を話した。」という文では、「told」が使用されています。

「said」とは?

「said」とは、引用や会話の述べ手が言ったことを示す動詞です。この単語は、直接の引用を使用せずに他の人の発言を伝える際に使われます。例えば、「彼女は彼が疲れていると言った。」という文では、「said」が使用されています。

「told」と「said」の違い

「told」と「said」の違いは、伝える方法という点です。「told」は直接的に相手に何かを伝える際に使われますが、「said」は他の人の発言を伝える際に使用されます。また、「told」は話し言葉や文章で使用されることが一般的ですが、「said」は文章での引用や会話の中で使用されることが多いです。

「told」の例文

1. 彼は私に彼の新しい仕事を話した。
2. 先生は私たちに宿題をするように言った。
3. 彼女は私にその映画が面白いと言った。

「said」の例文

1. 彼女は彼が疲れていると言った。
2. 彼は彼女に彼女の夢を話した。
3. 先生は彼らに試験が難しいと言った。

まとめ

「told」と「said」は、人に何かを伝える際に使われる動詞ですが、使い方には違いがあります。「told」は直接的に相手に対して情報や意見を伝える際に使われ、「said」は他の人の発言を伝える際に使用されます。どちらもカジュアルな文体で使われることが一般的です。