英語

どう違う?「there is」と「there are」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「there is」と「there are」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「there is」とは?

「there is」とは、英語の文法で使われる表現の一つです。直訳すると「そこには〜が存在する」という意味になります。

「there are」とは?

「there are」とは、「there is」と同様に英語の文法で使われる表現です。こちらも直訳すると「そこには〜が存在する」という意味になりますが、複数形の名詞を使うことが特徴です。

「there is」と「there are」の違い

「there is」は単数形の名詞に、「there are」は複数形の名詞に使われる点が違いです。例えば、「there is a book(本が1冊ある)」と「there are books(本が複数冊ある)」のようになります。

「there is」の例文

– There is a cat on the table.(テーブルの上に猫がいる。)
– There is a pen in my bag.(私のバッグの中にペンがある。)

「there are」の例文

– There are three apples in the basket.(バスケットの中にはりんごが3つある。)
– There are many students in the classroom.(教室にはたくさんの生徒がいる。)

まとめ

「there is」と「there are」は英語で使用される表現で、物や人が存在することを表現する際に使います。単数形の名詞には「there is」を、複数形の名詞には「there are」を使いましょう。