英語

どう違う?「Thank you」と「thanks」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「Thank you」と「thanks」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「Thank you」とは?

「Thank you」とは、日本語で「ありがとう」という意味の表現です。誰かに感謝の気持ちを伝える際に使われます。

「thanks」とは?

「thanks」とは、「ありがとう」という意味の短縮形です。口語的な表現であり、友達や身近な人とのコミュニケーションでよく使われます。

「Thank you」と「thanks」の違い

「Thank you」と「thanks」は、基本的な意味は同じですが、敬意や丁寧さの度合いに微妙な違いがあります。

「Thank you」は、よりフォーマルで丁寧な表現です。目上の人やビジネスシーンでのやり取りなど、正式な場面で使われることが多いです。

一方、「thanks」は、よりカジュアルな表現です。友人や親しい人との会話など、くだけた場面で使われることが多いです。初心者にもわかりやすく丁寧な言葉遣いが求められる場合でも、「thanks」を使うことができます。

「Thank you」の例文

1. Thank you for your help.(助けてくれてありがとう。)
2. Thank you for the gift.(贈り物をありがとう。)
3. Thank you for inviting me to your party.(パーティーに招待してくれてありがとう。)

「thanks」の例文

1. Thanks for the coffee.(コーヒー、ありがとう。)
2. Thanks for the information.(情報をありがとう。)
3. Thanks for coming to my show.(私のショーに来てくれてありがとう。)

まとめ

「Thank you」と「thanks」は、いずれも感謝の気持ちを表す表現です。ただし、「Thank you」はよりフォーマルで丁寧な表現であり、「thanks」はよりカジュアルな表現です。どちらの表現を使うかは、相手との関係や場面によって使い分けることが大切です。