英語

どう違う?「smell」と「scent」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「smell」と「scent」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「smell」とは?

「smell」とは、物質や状態などから発せられる、主に鼻で感じることができる臭いのことを指します。例えば、花の香りや食べ物のにおいなどが「smell」と言えます。

「scent」とは?

「scent」とも「fragrance」とも言われ、主に良い匂いや香りのことを指します。例えば、香水やハーブの香りなどが「scent」と言えます。

「smell」と「scent」の違い

「smell」と「scent」は、どちらも臭いや香りを表現する言葉ですが、微妙な違いがあります。一般的には、「smell」は中性的な臭いや不快な臭いを指し、一方の「scent」は良い香りや鮮やかな香りを指す傾向があります。

「smell」の例文

以下に「smell」の使用例を示します。
1. I can smell something burning.(何かが焦げているにおいがする)
2. The flower smells sweet.(その花は甘い香りがする)
3. He smells bad after playing sports.(彼はスポーツをしてから体臭がする)
4. The fish smells spoiled.(その魚は腐っている臭いがする)

「scent」の例文

以下に「scent」の使用例を示します。
1. She is wearing a pleasant scent.(彼女は心地良い香りをつけている)
2. The bakery is filled with the scent of freshly baked bread.(パン屋には焼きたてのパンの香りが漂っている)
3. Lavender has a calming scent.(ラベンダーは落ち着く香りがする)
4. The air is filled with the scent of flowers.(空気は花の香りで満たされている)

まとめ

「smell」と「scent」は、臭いや香りを表現する言葉ですが、微妙な違いがあります。「smell」は中性的な臭いや不快な臭いを、一方の「scent」は良い香りや鮮やかな香りを指す傾向があります。具体的な例文を通じて、その使い方を理解しましょう。