英語

どう違う?「pleased」と「glad」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「pleased」と「glad」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「pleased」とは?
「pleased」とは、喜んでいるという意味です。何かが順調に進んだり、期待通りになったときに使われます。

「glad」とは?
「glad」とは、嬉しいという意味です。何かがうれしい出来事や好ましい状態のときに使われます。

「pleased」と「glad」の違い
「pleased」は、基本的には自分の要求や期待が叶ったときに使われ、他人に関連することはあまりありません。一方、「glad」は、他人の喜びや幸せを共有する場合に使われます。

「pleased」の例文
1. 彼の助けがあって、私は試験に合格できました。とてもpleasedです。
2. プロジェクトが予定通りに進み、クライアントもpleasedしています。

「glad」の例文
1. 彼の成功を聞いて、とてもgladです。
2. 友達が無事に結婚式を終えたと聞いて、本当にgladでした。

まとめ
「pleased」と「glad」は、喜びや満足を表す言葉ですが、使われる状況や意味に違いがあります。自分の要求や期待が叶った場合には「pleased」、他人の喜びや幸せを共有する場合には「glad」を使いましょう。初心者にもわかりやすく丁寧な説明を心がけるので、理解しやすいかと思います。どちらも使い方には注意して、適切に使ってください。