英語

どう違う?「outside」と「out」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「outside」と「out」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「outside」とは?

「outside」とは、英語で「外側」という意味の単語です。主に場所や物事の範囲を示す際に使用されます。

「out」とは?

「out」とは、英語で「外へ」という意味の副詞です。特に場所から出ることや、物事を取り除くことを表現する際に使用されます。

「outside」と「out」の違い

「outside」は名詞であり、「外側」という意味を持ちます。一方、「out」は副詞であり、「外へ」という動作や状態を表します。つまり、「outside」は物事の位置や範囲を示すのに対して、「out」は動作や状態を表現する際に用いられます。

「outside」の例文

1. The cat is sitting outside the door.(その猫はドアの外で座っています。)
2. I love to spend time outside in nature.(私は自然の中で時間を過ごすのが好きです。)
3. The children were playing outside in the park.(子供たちは公園で外で遊んでいました。)

「out」の例文

1. Please take the trash out.(ごみを外に出してください。)
2. She went out for a walk.(彼女は散歩に外に出ました。)
3. The fire alarm went off, so we had to evacuate the building and go out.(火災報知器が鳴ったので、私たちは建物を避難して外へ出ました。)

まとめ

「outside」と「out」は、英語で「外側」と「外へ」という意味を持つ単語です。しかし、「outside」は名詞であり、位置や範囲を示すのに対して、「out」は副詞であり、動作や状態を表現するのに使われます。