状態

どう違う?「noisy」と「loud」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「noisy」と「loud」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「noisy」とは?

「noisy」とは、騒々しいやうるさいという意味を持つ形容詞です。物音や騒音が多く、静かではない状態を表現する単語です。

「loud」とは?

「loud」とは、大きな音を出すやうるさいという意味を持つ形容詞です。音量が大きく、耳に響くような音を表現する単語です。

「noisy」と「loud」の違い

「noisy」と「loud」は、どちらも音や音量に関連した意味を持つ形容詞ですが、微妙な違いがあります。

「noisy」は、周囲の音が多く、静かではない状態を表現します。例えば、人がたくさんいる騒がしい場所や、様々な音が鳴り響く場所などが「noisy」です。

一方、「loud」は、音量が大きく、耳に響くような音を表現します。例えば、大音量の音楽や、大きな声で話す場合などが「loud」です。

「noisy」の例文

1. The construction site next to my house is very noisy.
→ 私の家の隣にある工事現場はとても騒々しいです。

2. The children were playing outside, making a lot of noisy laughter.
→ 子供たちは外で遊んでおり、とても騒々しい笑い声が響いていました。

「loud」の例文

1. Please turn down the volume of the TV, it’s too loud.
→ テレビの音量を下げてください、あまりにもうるさいです。

2. The band played loud music that echoed throughout the stadium.
→ バンドはスタジアム中に響くような大音量の音楽を演奏しました。

まとめ

「noisy」と「loud」は、どちらも音や音量に関連した形容詞ですが、微妙な違いがあります。「noisy」は周囲の音が多く、静かではない状態を表現し、「loud」は音量が大きく、耳に響くような音を表現します。