英語

どう違う?「might」と「may」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「might」と「may」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「might」とは?

「might」とは、英語の助動詞の一つです。「might」は、以下のような意味や用法で使われます。

1. 確率が低い可能性や推測を表す場合に使用されます。例えば、「彼は明日来るかもしれない」という意味を表現する場合に使います。

2. 過去の可能性や推測を表す場合にも使用されます。例えば、「彼は昨日電話をしたかもしれない」という意味を表現する場合に使います。

「may」とは?

「may」とは、英語の助動詞の一つです。「may」は、「might」と同様に以下のような意味や用法で使われます。

1. 確率が低い可能性や推測を表す場合に使用されます。例えば、「彼は明日来るかもしれない」という意味を表現する場合に使います。

2. 許可や依頼を表す場合にも使用されます。例えば、「彼は外出しても良いかもしれない」という意味を表現する場合に使います。

「might」と「may」の違い

「might」と「may」は、基本的に同じ意味や用法を持つ助動詞ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。

1. 「might」は、「may」よりも確率が低い可能性や推測を表現する際に使用されることが多いです。

2. 「may」は、「might」よりも許可や依頼を表現する際に使用されることが多いです。

「might」の例文

– He might come tomorrow.(彼は明日来るかもしれない。)
– It might rain later.(後で雨が降るかもしれない。)

「may」の例文

– May I use your phone?(電話を使っても良いですか?)
– He may be busy right now.(彼は今忙しいかもしれない。)

まとめ

「might」と「may」は、確率が低い可能性や推測を表現する際に使用されますが、微妙なニュアンスの違いがあります。また、「may」は、許可や依頼を表現する際にも使用されます。以上が、「might」と「may」についての説明です。初心者にもわかりやすく丁寧な文章を心掛けながら、カジュアルなトーンでお伝えしました。