英語

どう違う?「last year」と「the last year」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「last year」と「the last year」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「last year」とは?
あなたはプロですので、初心者にもわかりやすく丁寧にご説明します。

「last year」とは、一つ前の年を指す表現です。具体的には、現在から一年前の年を指します。例えば、今年が2022年ならば、前の年は2021年を指します。

「the last year」とは?
同様に、一つ前の年を指す表現ですが、こちらは「前年」という意味合いが強くなります。一年間に関わる出来事や期間を指す場合に使われます。例えば、今年が2022年ならば、「the last year」は2021年全体を指すことが多くなります。

「last year」と「the last year」の違い
これまでの説明で分かるように、主に表現方法の違いがあります。具体的に言えば、「last year」は現在から一年前の年を指し、「the last year」は一年間の期間を指すことが多いです。

「last year」の例文
例えば、次のような文を考えてみることができます。
– I went on vacation last year. (私は昨年、休暇に行きました。)
– Last year was a great year for me. (昨年は私にとって素晴らしい年でした。)

「the last year」の例文
同様に、次のような文を考えてみることができます。
– I have had many challenges in the last year. (この1年間で多くの挑戦がありました。)
– The last year has been difficult for everyone. (前年は誰にとっても困難な年でした。)

まとめ
以上が「last year」と「the last year」についての説明です。このように、それぞれの表現には微妙な違いがありますので、使い分けに注意が必要です。また、初心者にもわかりやすく丁寧に説明することを心がけてください。