専門用語・業界用語

どう違う?「involve」と「include」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「involve」と「include」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「involve」とは?

「involve」とは、何かが関与している、巻き込まれているという意味です。何かがある活動や状況に関わっていることや、その一部であることを表現する際に使われます。

「include」とは?

「include」とは、何かに含まれている、含むという意味です。あるグループやリストの中に何かを含めることや、その一部として取り込むことを表現する際に使われます。

「involve」と「include」の違い

「involve」と「include」は似たような意味を持っていますが、微妙な違いがあります。いくつかの違いを以下にまとめました。

– 「involve」は、何かが関与していることを強調します。一方、「include」は、何かがリストやグループの一部として含まれていることを強調します。
– 「involve」は、活動や状況に関わっていることを表現する際に使われます。一方、「include」は、グループやリストに何かを含める際に使われます。

「involve」の例文

以下に「involve」の例文をいくつか示します。

1. The project involves a team of experts from different fields.
(そのプロジェクトには、異なる分野の専門家チームが関与しています。)

2. This job involves frequent travel.
(この仕事には頻繁な出張が含まれています。)

3. The investigation involved interviewing multiple witnesses.
(その調査には複数の証人へのインタビューが関わっていました。)

「include」の例文

以下に「include」の例文をいくつか示します。

1. The package includes a user manual and installation guide.
(このパッケージには、ユーザーマニュアルとインストールガイドが含まれています。)

2. The price of the ticket includes a complimentary drink.
(チケットの価格には、無料のドリンクが含まれています。)

3. The course includes a variety of assignments and quizzes.
(このコースには、さまざまな課題やクイズが含まれています。)

まとめ

「involve」と「include」は、何かが関与していることや含まれていることを表現する際に使われる言葉です。「involve」は関与や活動に焦点を当て、「include」はリストやグループの一部として含まれていることを強調します。