金融・経済

どう違う?「income」と「revenue」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「income」と「revenue」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「income」とは?

「income(収入)」とは、個人や企業が経済活動や事業活動によって得るお金のことを指します。具体的には、給与や賃金、事業の利益、不動産の収益などを含みます。

「revenue」とは?

「revenue(収益)」とは、企業が商品やサービスの提供によって得る売上全体のことを指します。つまり、商品やサービスの販売によって企業が得る収入全体を指します。

「income」と「revenue」の違い

「income(収入)」と「revenue(収益)」の違いは、主に以下の点です。

1. 定義の違い:「income」は個人や企業が得るお金全体を指すのに対し、「revenue」は企業が商品やサービスの提供によって得る売上全体を指す。

2. 視点の違い:「income」は個人や企業の収入を中心に捉えるのに対し、「revenue」は企業の売上を中心に捉える。

「income」の例文

以下に「income」の例文を示します。

– 彼の年間収入は10万ドルです。
– この会社の収入は昨年比で10%増加しました。
– 彼女の収入源はフリーランスの仕事です。

「revenue」の例文

以下に「revenue」の例文を示します。

– この会社の昨年の売上は100万ドルです。
– 彼らの主な収益源は広告収入です。
– 最新の財務報告によれば、この月の収益は50万円です。

まとめ

「income(収入)」と「revenue(収益)」は、お金に関する概念ですが、定義や視点においていくつかの違いがあります。「income」は個人や企業が得るお金全体を指すのに対し、「revenue」は企業が商品やサービスの提供によって得る売上全体を指します。