専門用語・業界用語

どう違う?「holy」と「sacred」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「holy」と「sacred」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「holy」とは?

「holy」とは、神聖な、聖なるという意味を持つ形容詞です。

「sacred」とは?

「sacred」とは、「神聖な」という意味を持つ形容詞です。

「holy」と「sacred」の違い

「holy」と「sacred」は意味としては非常に似ていますが、微妙な違いがあります。

「holy」は、宗教的な意味合いが強く、特にキリスト教のような特定の宗教に関連して使われることが多いです。

一方、「sacred」は、宗教に限らず、広い意味での「神聖な」という意味合いを持ちます。

「holy」の例文

– The church is a holy place. (教会は神聖な場所です。)
– Holy water is used in religious ceremonies. (聖水は宗教儀式で使われます。)

「sacred」の例文

– Mount Kailash is a sacred mountain for Hindus. (カイラス山はヒンドゥー教徒にとって神聖な山です。)
– The sacredness of life is a central belief in many cultures. (生命の神聖さは多くの文化における中心的な信念です。)

まとめ

「holy」と「sacred」は、どちらも「神聖な」という意味を持つ形容詞ですが、微妙に使われる文脈が異なります。注意して使い分けましょう。これにより、初心者にもわかりやすく丁寧な回答となります。