金融・経済

どう違う?「depression」と「recession」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「depression」と「recession」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「depression」とは?

「depression」とは、経済の深刻な不況期を指す言葉です。この期間では、国内総生産(GDP)が大幅に低下し、失業率が急増します。不況は数年以上にわたり続き、産業や企業の活動が停滞することが特徴です。

「recession」とは?

「recession」とは、経済の景気後退期を指す言葉です。この期間では、GDPが一定期間にわたり低下し、一般的に6ヶ月以上続くと判断されます。不況とは異なり、景気後退期は比較的短期間で回復することが期待されます。

「depression」と「recession」の違い

「depression」と「recession」の違いは、主に以下の点にあります。

1. 持続期間: 「depression」は数年以上にわたり続く不況期であるのに対し、「recession」は比較的短期間の景気後退期です。

2. 影響の大きさ: 「depression」は経済全体に深刻な影響を及ぼし、失業率の急増など悪影響が広がります。「recession」は一部の産業や企業には影響を与えるものの、全体的な経済にはそこまで大きな影響を及ぼしません。

「depression」の例文

1. The Great Depression in the 1930s had a profound impact on the global economy.
2. Many people lost their jobs during the economic depression and struggled to make ends meet.

「recession」の例文

1. The country is currently experiencing a recession due to a decline in consumer spending.
2. The manufacturing sector has been hit hard by the recession, leading to factory closures and job losses.

まとめ

「depression」と「recession」は、経済の不況期や景気後退期を表しますが、持続期間や影響の大きさなどに違いがあります。両者の理解は、経済の動向や社会の状況を把握する上で重要です。