状態

どう違う?「decay」と「rot」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「decay」と「rot」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「decay」とは?

「decay」とは、英語で「腐敗する」「崩壊する」という意味です。物質や生物が時間の経過とともに劣化していく現象を指します。

「rot」とは?

「rot」とは、英語で「腐敗する」「朽ちる」という意味です。主に有機物が湿気や菌によって腐敗する現象を指します。

「decay」と「rot」の違い

「decay」と「rot」は、基本的に同じような意味ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。「decay」は一般的に物質や生物の劣化や崩壊を指し、比較的中立的な印象を持ちます。「rot」は、主に有機物の腐敗を指し、少しネガティブな印象を持つことがあります。

「decay」の例文

– The fallen tree in the forest gradually started to decay.
(森に倒れた木は徐々に腐敗し始めました。)

– If you leave the food outside for too long, it will decay.
(食べ物を外に放置しすぎると、腐敗します。)

「rot」の例文

– The fruits were left in the basket for too long and started to rot.
(果物はバスケットに長い間入れっぱなしにされ、腐敗し始めました。)

– The smell from the rotting vegetables was unbearable.
(腐敗している野菜からのにおいは我慢できませんでした。)

まとめ

「decay」と「rot」は、物質や生物の劣化や崩壊を指す英単語です。「decay」は中立的な印象を持ち、「rot」は少しネガティブな印象を持つことがあります。どちらも時間の経過や湿気、菌などによって起こる現象です。