英語

どう違う?「bring」と「carry」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「bring」と「carry」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「bring」とは?

「bring」とは、ある物を自分の位置へ持ってくることを意味します。持ってくる対象は、話し手自身のものか、または話し手と聞き手が共有しているものです。

「carry」とは?

「carry」とは、ある物を持ち歩くことや運ぶことを意味します。持ち歩く対象は、話し手自身のものです。

「bring」と「carry」の違い

「bring」と「carry」の違いは、対象がどこからどこへ移動するかです。「bring」はある場所から話し手や聞き手の位置へ移動する場合に使われます。「carry」は話し手自身がある場所から別の場所へ移動する際に使われます。

「bring」の例文

1. I will bring my laptop to the meeting tomorrow.(明日の会議には私のノートパソコンを持っていきます。)
2. Can you bring me a glass of water, please?(お願いして、私にコップ一杯の水を持ってきてもらえますか?)

「carry」の例文

1. I always carry my phone with me.(私はいつも携帯電話を持ち歩いています。)
2. She carries a small bag wherever she goes.(彼女はどこへ行く場所でも小さなバッグを持ち歩いています。)

まとめ

「bring」と「carry」は、物を移動させるという意味では似ていますが、使われる文脈や対象の移動先が異なります。「bring」はある場所から話し手や聞き手の位置へ移動する際に使われ、「carry」は話し手自身がある場所から別の場所へ移動する際に使われます。このように、「bring」と「carry」の使い方を理解することで、より正確な表現ができるようになります。