専門用語・業界用語

どう違う?「await」と「wait」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「await」と「wait」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「await」とは?

「await」とは、非同期処理において、指定した非同期関数の完了を待つために使用されるキーワードです。非同期処理では、処理が完了する前に次の処理に進んでしまう可能性がありますが、「await」を使用することで、処理が完了するまで待機することができます。

「wait」とは?

「wait」とは、一般的には待つという意味を持ちますが、プログラミングの文脈では、主に同期処理において、処理が完了するまで待機するために使用されます。待機中の処理が完了するまで、次の処理には進みません。

「await」と「wait」の違い

「await」と「wait」の違いは、非同期処理と同期処理の違いにあります。非同期処理では、「await」を使用して非同期関数の完了を待ちますが、同期処理では「wait」を使用して処理の完了を待ちます。また、「await」は非同期処理の中で使用されることが一般的ですが、「wait」は同期処理の中で使用されることが一般的です。

「await」の例文

以下は、「await」を使用した非同期処理の例です。

“`python
import asyncio

async def async_function():
await asyncio.sleep(1)
print(“非同期処理が完了しました。”)

async def main():
print(“非同期処理を開始します。”)
await async_function()
print(“非同期処理が終了しました。”)

asyncio.run(main())
“`

上記の例では、非同期関数「async_function」で「await asyncio.sleep(1)」として非同期処理を待機しています。

「wait」の例文

以下は、「wait」を使用した同期処理の例です。

“`python
import time

def sync_function():
time.sleep(1)
print(“同期処理が完了しました。”)

print(“同期処理を開始します。”)
sync_function()
print(“同期処理が終了しました。”)
“`

上記の例では、同期関数「sync_function」内で「time.sleep(1)」として同期処理を待機しています。

まとめ

「await」と「wait」は、非同期処理と同期処理において、処理の完了を待機するために使用されるキーワードです。非同期処理では「await」を使用し、同期処理では「wait」を使用します。これらのキーワードを使うことで、処理の流れを制御し、必要なタイミングで処理を待つことができます。初心者にもわかりやすく丁寧に説明する点に注意しながら、プロの視点から解説しました。