英語

どう違う?「as usual」と「as always」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「as usual」と「as always」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「as usual」とは?

「as usual」とは、通常と同じように、普段と同じようにという意味を持つ表現です。

「as always」とは?

「as always」とは、いつものように、相変わらずという意味を持つ表現です。

「as usual」と「as always」の違い

「as usual」と「as always」の違いは、微妙ですが、微小なニュアンスの違いがあります。一般的に、「as usual」は、普段通りの状況や行動を指していますが、「as always」は、いつものような確固たる習慣や性格を指しています。

「as usual」の例文

– I woke up late again this morning, as usual.
(今朝もまた遅く起きた、いつものことだ。)
– She is late to the meeting, as usual.
(彼女は例に漏れずミーティングに遅れている。)
– He forgot his wallet, as usual.
(彼はいつものように財布を忘れた。)

「as always」の例文

– Thank you for your help, as always.
(相変わらずのお手伝い、ありがとうございます。)
– She cooked a delicious meal, as always.
(いつものように彼女は美味しい食事を作ってくれた。)
– He made everyone laugh, as always.
(彼は相変わらずみんなを笑わせた。)

まとめ

「as usual」と「as always」は、どちらも普段通りの状況や行動を表す表現ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。[初心者にもわかりやすく丁寧]に伝えるために、カジュアルなトーンで説明しました。