英語

どう違う?「as long as」と「as far as」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「as long as」と「as far as」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「as long as」とは?

「as long as」は、条件が満たされている限り、という意味を表します。英語の表現では、条件を示す文や節が置かれた後に使用されます。

「as far as」とは?

「as far as」は、〜の範囲まで、という意味を表します。この表現も条件を示す文や節が置かれた後に使用されますが、「as long as」とは異なり、範囲に制限があることを示します。

「as long as」と「as far as」の違い

「as long as」と「as far as」の違いは、条件の制約の有無です。「as long as」は条件が満たされている限りにおいて、制約がないため、幅広い意味を含む表現です。一方、「as far as」は条件が満たされている範囲に制約があるため、より具体的な意味合いを持ちます。

「as long as」の例文

1. As long as you study hard, you will succeed. (一生懸命勉強する限り、成功するでしょう。)
2. You can stay up late as long as you finish your work. (仕事を終えさえすれば、夜更かししても構いません。)

「as far as」の例文

1. As far as I know, she is not coming to the party. (私の知る限りでは、彼女はパーティーに来ない予定です。)
2. As far as I can see, there are no problems with the project. (私が見る限り、プロジェクトには問題がありません。)

まとめ

「as long as」と「as far as」は、条件を示す文や節の後に使用される表現であり、それぞれ条件が満たされている限りや範囲までを表します。制約の有無によって、使い方や意味合いが異なるため、注意が必要です。ただし、このまとめの内容は初心者にもわかりやすく丁寧に説明していますので、気軽に使ってみてください。