英語

どう違う?「anytime」と「everytime」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「anytime」と「everytime」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「anytime」とは?

「anytime」とは、いつでもという意味で使われる表現です。この表現は、時間や場所に制限を設けずに何度でも行うことを意味します。

「everytime」とは?

「everytime」とは、毎回という意味で使われる表現です。この表現は、何度も繰り返し行うことを意味します。

「anytime」と「everytime」の違い

「anytime」と「everytime」の違いは、その使用方法と意味にあります。「anytime」は、いつでもという広い範囲での使用が可能ですが、一方で「everytime」は、毎回という継続的な行為に関連して使用されます。

「anytime」の例文

– I am available to talk anytime.(いつでも話をすることができます。)
– You can come to my house anytime.(いつでも私の家に来てください。)

「everytime」の例文

– I forget my keys everytime I leave the house.(家を出るたびに鍵を忘れます。)
– My dog wags his tail everytime I come home.(私が帰宅するたびに、私の犬は尾を振ります。)

まとめ

「anytime」と「everytime」は、いつでもと毎回という意味で使われる表現ですが、それぞれの使い方と意味には違いがあります。注意しながら使い分けることが重要です。