英語

どう違う?「agree to」と「agree with」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「agree to」と「agree with」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「agree to」とは?

「agree to」とは、ある提案や意見、要求などに同意することを意味します。この表現は目的語として名詞や代名詞を取ります。

「agree with」とは?

「agree with」とは、ある人の意見や意見、意見などに同意することを意味します。この表現は目的語として人や人々が取られることが一般的です。

「agree to」と「agree with」の違い

「agree to」と「agree with」は同意の意味では似ていますが、使い方には違いがあります。「agree to」は名詞や代名詞と一緒に使われるのに対し、「agree with」は人や人々と一緒に使われることが一般的です。

「agree to」の例文

1. I agree to your proposal.
(私はあなたの提案に同意します。)

2. We agreed to the terms and conditions.
(私たちは利用規約に同意しました。)

3. He agreed to the contract.
(彼は契約に同意しました。)

「agree with」の例文

1. I agree with your opinion.
(私はあなたの意見に同意します。)

2. We agree with the decision.
(私たちはその決定に同意します。)

3. She agreed with the group’s plan.
(彼女はグループの計画に同意しました。)

まとめ

「agree to」と「agree with」は、同意の意味合いを持つ表現です。使い方に違いがあり、「agree to」は名詞や代名詞と一緒に使われるのに対して、「agree with」は人や人々と一緒に使われることが一般的です。この違いを理解して、適切に使い分けるようにしましょう。