専門用語・業界用語

どう違う?「追求」と「追究」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「追求」と「追究」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「追求」とは?

「追求」とは、ある目標や問題に対して、深く考察したり、詳しく調べたりすることを指します。例えば、真実を追求する、新たな知識を追求するなどがあります。

「追究」とは?

「追究」とは、ある事柄や事実を細かく探求し、徹底的に追い求めることを指します。調査や研究を通じて、根本的な原因や真実を明らかにしようとする姿勢を持つことが特徴です。

「追求」と「追究」の違い

「追求」と「追究」は、共通点がありながらも、微妙な違いが存在します。「追求」は広い視野である目標や知識を追い求めるイメージがありますが、「追究」はより細部にまで突き詰めて調査や研究を行うことを重視します。

「追求」の例文

1. 彼は知識の追求を生涯の目標にしている。
2. 私たちは真実を追求するために、さまざまな手法を用いた研究を行った。

「追究」の例文

1. この事件は徹底的に追究され、真相が明らかになった。
2. 彼は問題の根本原因を追究するため、多くの時間を費やした。

まとめ

「追求」と「追究」は、目標や問題に対して真実や知識を深く追い求めることを指しますが、微妙な違いがあります。追求は広い視野で目標や知識を追い求める一方、追究は細部にまで突き詰めて調査や研究を行うことを重視します。