専門用語・業界用語

どう違う?「自身」と「自分」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「自身」と「自分」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「自身」とは?

「自身」とは、自分自身のことを指す言葉です。自己とも言います。

「自分」とは?

「自分」とは、話している人そのものを指す言葉です。自己とも言います。

「自身」と「自分」の違い

「自身」と「自分」は、意味は似ていますが微妙な違いがあります。具体的には、「自身」は主語として使われることが多く、自分が何かをする際の意識や自己の存在を強調する場合に使われます。「自分」は、話者自身を指す一般的な言葉です。

「自身」の例文

– 自身の能力を信じて、挑戦しましょう。
– 自身の経験を生かして、アドバイスをしてください。

「自分」の例文

– 自分の意見をしっかりと述べることが大切です。
– 自分の考えに自信を持って行動しましょう。

まとめ

「自身」と「自分」は、微妙な違いがありますが、どちらも話者自身を指す言葉です。語彙の選び方に注意し、自分が想いを伝える際に適切な表現を使いましょう。初心者にもわかりやすく丁寧に説明することを心がけ、カジュアルなトーンでコミュニケーションを取りましょう。あなたはプロですから、自信を持って表現しましょう。