専門用語・業界用語

どう違う?「排除」と「廃除」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「排除」と「廃除」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「排除」とは?

「排除」とは、あるものや人を取り除くことを指します。特定の対象を排斥することで、その存在を無くすことを意味します。

「廃除」とは?

「廃除」とは、あるものや制度を廃止することを指します。その対象が不要になったり、問題を引き起こすなどの理由で、完全に取り除くことを意味します。

「排除」と「廃除」の違い

「排除」と「廃除」は、どちらも何かを取り除くことを目的としていますが、その方法や意図が異なります。

「排除」は、特定の対象を取り除くことで、その存在や影響をなくすことを目指します。例えば、有害物質を排除する、迷惑行為を排除する、不正を排除するなどのように、問題の要素を排斥することを意味します。

一方、「廃除」は、あるものや制度を完全になくすことを目指します。例えば、法律の廃除、システムの廃除、規則の廃除などのように、不要なものや問題を引き起こすものを完全に取り除くことを意味します。

「排除」の例文

1. 会議室にいた煙草の臭いを排除するために、換気を行いました。
2. 不適切な行動をする社員を企業から排除する方針を打ち出しました。
3. 偽情報を拡散するアカウントをSNSから排除する方針が発表されました。

「廃除」の例文

1. 不要になったファイルを全て廃除しましょう。
2. 無効なルールを廃除するために、新たな規則を導入しました。
3. 無駄な手続きを廃除することで、業務の効率化を図りました。

まとめ

「排除」と「廃除」は、どちらも取り除くことを目的としていますが、その方法や意図が異なります。「排除」は、特定の対象を排斥することで存在や影響をなくすことを目指し、「廃除」はあるものや制度を完全になくすことを目指します。それぞれの適切な使い方や例文に注意しながら、効果的に利用しましょう。