専門用語・業界用語

どう違う?「various」と「a variety of」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「various」と「a variety of」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「various」とは?

「various」とは、さまざまな、様々なという意味を持つ形容詞です。いくつかの異なる種類や種類のものを指す際に使用されます。

「a variety of」とは?

「a variety of」とは、多種多様な、さまざまなという意味を持つ表現です。複数の異なる種類や種類のものを指す際に使用されます。

「various」と「a variety of」の違い

「various」と「a variety of」は、意味としては非常に似ていますが、使用法には違いがあります。まず、「various」は形容詞であり、直接名詞に修飾語として用いることができます。一方、「a variety of」は名詞の前に置かれ、後ろに名詞が続きます。

例:

– I saw various animals at the zoo.(私は動物園でさまざまな動物を見ました。)
– The supermarket offers a variety of fruits.(そのスーパーマーケットはさまざまな果物を提供しています。)

「various」の例文

1. There are various reasons why people travel.(人々が旅行する理由は様々です。)
2. The museum has various exhibits on display.(その博物館にはさまざまな展示物があります。)
3. He has various hobbies, such as painting and playing the guitar.(彼は絵画やギター演奏などさまざまな趣味を持っています。)

「a variety of」の例文

1. The store sells a variety of products, including clothing and electronics.(その店では衣類や電化製品などさまざまな商品を販売しています。)
2. She enjoys trying a variety of cuisines from different countries.(彼女はさまざまな国の料理を試すことが好きです。)
3. The conference offers a variety of workshops and presentations.(その会議ではさまざまなワークショップやプレゼンテーションが提供されます。)

まとめ

「various」と「a variety of」は、異なる種類や種類のものを表す際に使用される言葉です。また、「various」は形容詞として使用され、直接名詞に修飾語として用いることができますが、「a variety of」は名詞の前に置かれ、後ろに名詞が続きます。