英語

どう違う?「repent」と「regret」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「repent」と「regret」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「repent」とは?

「repent」とは、過去の行為や選択に対して後悔し、悔やむことを意味します。自分の行動に対して深く反省し、悔い改めることが特徴です。

「regret」とは?

「regret」とは、後悔や悲しみを感じることを指します。過去の出来事や選択に対して、後から残念だと思う気持ちを表現する際に使われます。

「repent」と「regret」の違い

「repent」と「regret」の違いは、その意味とニュアンスにあります。「repent」は自分自身に対する反省や悔い改めを示し、より強い責任感を伴います。「regret」はあくまで後悔や残念に思う意識を表現し、より感情的な側面があります。

「repent」の例文

1. I deeply repent for my actions and the pain I have caused.
(私は自分の行動と、私が引き起こした苦痛に深く悔い改めます。)

2. He repented his decision as soon as he realized the consequences.
(彼は結果に気付いた途端、自分の決断を後悔しました。)

3. She sincerely repents for her mistakes and wants to make amends.
(彼女は誠実に自分の過ちを悔い改め、償いたいと思っています。)

「regret」の例文

1. I regret not taking the opportunity when it was presented to me.
(その機会が与えられた時にチャンスを逃したことを後悔しています。)

2. He regrets the words he spoke in anger and wishes he could take them back.
(彼は怒りで話した言葉を後悔し、戻せたらと願っています。)

3. She regrets not studying harder for the exam and now realizes the consequences.
(彼女は試験の勉強をもっと頑張らなかったことを後悔し、結果に気づきました。)

まとめ

「repent」と「regret」は、過去の行為や選択に対する後悔や悔い改めを表現する単語です。「repent」は自己に対する反省や責任感を示し、「regret」は後悔や悲しみを感じる気持ちを表現します。注意深く使い分けることで、より正確な意味を伝えることができます。