状態

どう違う?「rain」と「raining」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「rain」と「raining」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「rain」とは?

「rain」とは雨のことを指す英単語です。雨が降ることを表現する際に使われる単語です。

「raining」とは?

「raining」とは「rain」の現在進行形です。つまり、現在雨が降っている状態を表現する際に使われる単語です。

「rain」と「raining」の違い

「rain」は雨が降ること自体を指し、一般的には降っている状態を表現する際に使われます。「raining」は現在進行形であり、現在雨が降っている状態を具体的に表現します。

「rain」の例文

– It will rain tomorrow. (明日は雨が降ります。)
– I love the sound of rain. (雨の音が好きです。)
– Don’t forget to bring an umbrella in case it rains. (雨が降るかもしれないので、傘を持っていくのを忘れないでください。)

「raining」の例文

– It’s raining heavily outside. (外は激しく雨が降っています。)
– I can’t go for a walk now because it’s raining. (今は雨なので散歩に行けません。)
– I hope it stops raining soon. (早く雨が止んでほしいです。)

まとめ

「rain」とは雨を指し、「raining」は現在雨が降っている状態を表現します。使い方に注意しながら、英語で雨のことを話す際に適切な単語を選びましょう。