ビジネス・就職・転職

どう違う?「purpose」と「objective」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「purpose」と「objective」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「purpose」とは?

「purpose」とは、何かをする際の目的や意図を示す言葉です。何かを達成するために行われる行動や活動には、必ずと言っていいほど目的があります。その目的を明確にすることは、行動や活動を効果的に進めるために非常に重要です。

「objective」とは?

「objective」とは、目標や目的を達成するために進められる具体的な計画や手段を示す言葉です。目的を達成するためには、具体的な目標や手段を設定することが不可欠です。目標を明確にすることで、効果的な計画を立てることができます。

「purpose」と「objective」の違い

「purpose」と「objective」は、目的と目標の違いを表します。目的は、何かをする際の目的や意図を示し、目標は目的を達成するための具体的な計画や手段を示します。目的は行動を動機付ける役割を果たし、目標は具体的な達成目標を設定する役割を果たします。

「purpose」の例文

例えば、ある会議の目的は以下のように述べることができます。

– この会議の目的は、プロジェクトの進捗状況を共有し、次のステップについて意見を交換することです。

このように、会議の目的を明確にすることで、参加者が会議にどのような準備をするべきかや、会議の進行方法が明確になります。

「objective」の例文

目的を達成するための具体的な目標は、以下のように設定することができます。

– このプロジェクトの目標は、来週までにデザインの初稿を完成させ、チーム全体でレビューすることです。

このように、目標を明確にすることで、チーム全体が一つの方向性に向かって効率的に働くことができます。

まとめ

「purpose」と「objective」は、行動や活動における目的と目標を示す言葉です。目的と目標を明確にすることは、効果的な行動計画や活動の進行に不可欠です。目的を明確にし、目標を具体的に設定することで、効果的な行動や活動を行うことができます。