製品・商品

どう違う?「production」と「manufacturing」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「production」と「manufacturing」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「production」とは?

「production」とは、商品やサービスの製造や生産を指す言葉です。企業や工場などで、原材料や資源を加工して、最終的な製品やサービスを作り出すことを指します。

「manufacturing」とは?

「manufacturing」とは、製造や生産を意味する言葉です。具体的には、原材料や部品を使って製品を作り出す過程や工程を指します。製造業や工業において、生産のプロセスや技術を含めて言及されることがあります。

「production」と「manufacturing」の違い

「production」と「manufacturing」は、製造や生産に関連する言葉ですが、微妙な違いがあります。「production」は、商品やサービスを生み出す一連のプロセスを指しています。一方で、「manufacturing」は、具体的な製造工程や生産行程を指すことが多いです。

「production」の例文

例えば、自動車メーカーの生産ラインでは、部品の加工や組み立て、塗装などの工程を経て完成車を生産します。また、映画やテレビ番組の制作現場でも、脚本の執筆・撮影・編集などの一連のプロセスが「production」と呼ばれます。

「manufacturing」の例文

「manufacturing」の例としては、鉄鋼業界における鉄の製造過程があります。鉄鉱石を高炉で溶かし、鉄を得る「manufacturing」プロセスが行われます。また、電子機器の製造においても、基板の製造や部品の実装といった「manufacturing」工程が行われます。

まとめ

「production」と「manufacturing」は、製造や生産に関連する言葉であり、微妙な違いがあります。両方とも商品やサービスの製造過程を指し、企業や工場において重要な役割を果たしています。