英語

どう違う?「excuse」と「forgive」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「excuse」と「forgive」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「excuse」とは?

「excuse」とは、不正や過失などを誤った理由や言い訳によって許されることを指します。自分の行動や言動について、他人に誤解を与えたり、責任を問われたりした場合に使われることが多いです。

「forgive」とは?

「forgive」とは、他人の過ちや失敗を許すことを意味します。他人に対して感情や行為に対して傷ついたり、不快に感じたりした場合でも、その人を許すことを指します。

「excuse」と「forgive」の違い

「excuse」と「forgive」の最大の違いは、それぞれが対象とするものの異なります。前者は個人の行動や言動に対して使われるのに対し、後者は他人の行為や過ちに対して使われます。また、「excuse」は誤った理由や言い訳によって許されることを指すのに対し、「forgive」は他人を許すことを意味します。

「excuse」の例文

1. I’m sorry for being late. My alarm didn’t go off this morning.
2. Please excuse me for not returning your call earlier. I was tied up with a meeting.

「forgive」の例文

1. I forgive you for what you said yesterday. Let’s move on.
2. She forgave him for forgetting their anniversary.

まとめ

「excuse」と「forgive」は似た意味を持つ単語ですが、使われる場面や対象が異なります。自分自身の行動や言動に対して「excuse」を使うのに対し、他人の過ちや失敗に対して「forgive」を使います。そして、「excuse」は誤った理由や言い訳で許されることを意味し、一方、「forgive」は他人を許すことを指します。