専門用語・業界用語

どう違う?「deny」と「defy」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「deny」と「defy」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「deny」とは?

「deny」とは、何かを拒否したり、否定することを意味します。例えば、要求や申請を断ることや、真実性を否定することなどがあります。

「defy」とは?

「defy」とは、何かに挑戦したり、抵抗したりすることを意味します。例えば、困難や規則に立ち向かうことや、ある基準や期待に反して行動することなどがあります。

「deny」と「defy」の違い

「deny」と「defy」の違いは、主に行動の意図や結果にあります。
「deny」は何かを拒否することに焦点があり、特定の要求や申請に対して否定的な回答をすることを意味します。
一方、「defy」は何かに反抗的な行動をとることや、ある基準や期待に反した行動をすることを意味します。

「deny」の例文

1. 彼は私の要求を完全に否定しました。
2. 彼女は私の頼みを断りました。
3. 銀行は彼の融資の申請を断りました。
4. 彼は自分の関与を否定しました。

「defy」の例文

1. 彼は困難を克服して挑戦に取り組みました。
2. 彼女は規則に逆らって自分の道を行きました。
3. 彼は期待に反して行動してみせました。
4. 彼らは現実の制約を無視して目標に向かって進みました。

まとめ

「deny」と「defy」は似ているようで異なる意味を持つ単語です。
「deny」は拒否や否定を表し、特定の要求や申請に対して否定的な回答をすることを指します。
一方、「defy」は挑戦や抵抗を表し、ルールや期待に反した行動をすることを指します。
どちらの単語も、異なる状況や文脈で使われることがありますので、使い方には注意が必要です。