ビジネス・就職・転職

どう違う?「customer」と「client」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「customer」と「client」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「customer」とは?

「customer」とは、商品やサービスを購入する人や利用する人のことを指します。具体的には、店舗や企業から商品を購入する個人や法人、サービスを利用する個人や法人などが「customer」となります。

「client」とは?

「client」とは、特定の専門的なサービスを提供する人や組織のことを指します。一般的には、法律事務所や広告代理店などのプロフェッショナルなサービスを提供する人や組織が「client」となります。

「customer」と「client」の違い

「customer」と「client」の違いは、主に関係性や契約の形態にあります。一般的に、「customer」は一回限りの購入や利用が多く、継続的な関係性を築くことは少ないです。一方、「client」は、長期的な関係性を築くことが多く、専門的かつ継続的なサービスを提供します。

「customer」の例文

1. I am a customer at this store. (私はこの店の顧客です。)
2. The company offers excellent customer service. (その会社は優れた顧客サービスを提供しています。)
3. As a customer, I expect high-quality products. (顧客として、私は高品質な商品を期待しています。)

「client」の例文

1. The lawyer has many clients who seek legal advice. (その弁護士には法的助言を求める多くのクライアントがいます。)
2. The advertising agency has several high-profile clients. (広告代理店にはいくつかの有名なクライアントがいます。)
3. The consultant provides personalized services to their clients. (コンサルタントはクライアントに対して個別のサービスを提供します。)

まとめ

「customer」と「client」の違いは、関係性や契約の形態によって異なります。「customer」は一回限りの購入や利用が多く、関係性は短期的であることが一般的です。「client」は長期的な関係性を築き、専門的なサービスを提供する関係が多いです。