英語

どう違う?「come」と「about happen」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「come」と「about happen」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「come」とは?

「come」は英語の動詞で、「来る」という意味を表します。例えば、
“I will come to the party tonight.”(今夜、パーティーに行きます。)
などのように使用されます。

「about happen」とは?

「about happen」は英語の表現で、「起ころうとしている」という意味を持ちます。例えば、
“Something big is about to happen.”(何か大きなことが起ころうとしている。)
などのように使用されます。

「come」と「about happen」の違い

「come」は「来る」という具体的な動作を表し、自分自身が移動して現在の位置から別の場所に行くことを指します。一方、「about happen」は「起こる」という未来の出来事を指し示し、何かが起ころうとしていることを表します。

「come」の例文

1. “Please come to my house tomorrow.”(明日、私の家に来てください。)
2. “He came to visit me last week.”(先週、彼が私を訪ねてきました。)

「about happen」の例文

1. “Something important is about to happen.”(何か重要なことが起ころうとしています。)
2. “The meeting is about to happen in a few minutes.”(会議が数分後に行われる予定です。)

まとめ

「come」とは「来る」という具体的な動作を表す一方、「about happen」は「起こる」という未来の出来事を指し示します。どちらも異なる文脈で使用されることに注意してください。