英語

どう違う?「around」と「approximately」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「around」と「approximately」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「around」とは?

「around」という単語は、主に数値や時間などの範囲を表す際に使用されます。例えば、「around 10 minutes」は「約10分」を意味します。

「approximately」とは?

「approximately」も「around」と同様に、数値や時間などの範囲を表す際に使用されます。例えば、「approximately 10 minutes」は「おおよそ10分」を意味します。

「around」と「approximately」の違い

「around」と「approximately」の違いは非常に微妙ですが、一般的には以下のような違いがあります。

まず、「around」は範囲内の数値に対して、より具体的な数値に近づけるイメージがあります。一方、「approximately」は範囲内の数値に対して、より広い範囲を含むイメージがあります。

また、「around」は日常会話やカジュアルな文脈でよく使用されますが、「approximately」はより正確な情報を伝える場面やビジネス文書などで使用されることが多いです。

「around」の例文

1. The temperature today will be around 30 degrees Celsius. (今日の気温は約30度になります。)
2. It takes around 20 minutes to walk to the station. (駅まで歩くのに約20分かかります。)
3. He earns around $50,000 per year. (彼の年収は約5万ドルです。)

「approximately」の例文

1. The population of this city is approximately 1 million. (この都市の人口はおおよそ100万人です。)
2. The project will cost approximately $1 million. (このプロジェクトにはおおよそ100万ドルかかります。)
3. The flight will arrive at approximately 6 p.m. (飛行機はおおよそ午後6時に到着します。)

まとめ

「around」と「approximately」は、数値や時間などの範囲を表す際に使用される単語です。微妙な違いがありますが、どちらも初心者にもわかりやすく丁寧なトーンで使用することが求められます。