英語

どう違う?「already」と「still」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「already」と「still」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「already」とは?

「already」は、すでに起こった行為や状態を表す副詞です。主に肯定文で使用されます。

「still」とは?

「still」は、まだ起こっていない状態を表す副詞です。主に否定文や疑問文で使用されます。

「already」と「still」の違い

「already」と「still」は、起こった事柄の時間的な位置を表す点で異なります。

「already」は、過去のある時点までに行われた行為や状態を示します。「もう」という意味合いがあります。「もう終わった」「もうできた」というようなニュアンスです。

一方、「still」は、まだ続いている状態やまだ行われていない状態を示します。「まだ」という意味合いがあります。「まだ終わっていない」「まだできていない」というようなニュアンスです。

「already」の例文

– I have already finished my homework. (もう宿題を終えた)
– He has already left the office. (もう彼はオフィスを出た)

「still」の例文

– I still haven’t received the email. (まだそのメールを受け取っていない)
– They are still working on the project. (まだ彼らはそのプロジェクトに取り組んでいる)

まとめ

「already」と「still」は、時間的な位置を表す副詞です。「already」はすでに行われた状態や行為を、「still」はまだ続いている状態やまだ行われていない状態を示します。