英語

どう違う?「after」と「in」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「after」と「in」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「after」とは?

「after」とは、日本語で「~の後」という意味の前置詞です。例えば、「after work」は「仕事の後」という意味になります。

「in」とは?

「in」とは、日本語で「~の中に」という意味の前置詞です。例えば、「in the box」は「箱の中に」という意味になります。

「after」と「in」の違い

「after」と「in」は、共に時間や場所を表す前置詞ですが、意味や使い方には違いがあります。

「after」は、ある行動や出来事が起こった後に続く時間を表します。一方、「in」は、ある場所や時間の範囲内に何かが存在することを表します。

例えば、英語で「I will call you after dinner」と言うと、「夕食の後に電話します」という意味になります。これに対して、「I left my keys in the car」と言うと、「車の中に鍵を忘れました」という意味になります。

「after」の例文

以下に「after」を使った例文をいくつか紹介します。

1. I always take a shower after exercising. (運動の後にはいつもシャワーを浴びます)
2. We went for a walk after dinner. (夕食の後に散歩に行きました)
3. She always feels sleepy after studying. (勉強の後はいつも眠くなります)

「in」の例文

以下に「in」を使った例文をいくつか紹介します。

1. I found my phone in my backpack. (バックパックの中に携帯電話を見つけた)
2. The book is in the library. (その本は図書館の中にあります)
3. The pen is in the drawer. (ペンは引き出しの中にあります)

まとめ

「after」と「in」は、時間や場所を表す前置詞ですが、使い方や意味には違いがあります。しっかりと使い分けることで、自然な英語表現を作ることができます。