ビジネス・就職・転職

どう違う?「affiliate」と「subsidiary」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「affiliate」と「subsidiary」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「affiliate」とは?

「affiliate」とは、企業や組織間で関係を持つという意味です。具体的には、親会社と子会社の関係や、関連会社、提携先などの関係を指します。

「subsidiary」とは?

「subsidiary」とは、主に企業の組織構造を表す言葉です。この言葉は、親会社によって統制・支配されている子会社を指す場合に使われます。親会社は、子会社の株式の大部分を保有しており、経営をコントロールしています。

「affiliate」と「subsidiary」の違い

「affiliate」と「subsidiary」の違いは、関係性の程度にあります。具体的には、関連会社と提携先のような関係を指す「affiliate」と、親会社が統制・支配している関係を指す「subsidiary」の違いです。

「affiliate」の例文

1. ABC Companyは、XYZ Companyとの間で提携しています。ABC CompanyはXYZ Companyの「affiliate」です。
2. この商品は、弊社と提携しているパートナーショップでも購入できます。パートナーショップは弊社の「affiliate」です。

「subsidiary」の例文

1. XYZ株式会社は、ABC株式会社の「subsidiary」です。すべての経営をABC株式会社が統制しています。
2. この地域の営業拠点は、弊社の子会社であるDEF株式会社が管理しています。DEF株式会社は、弊社の「subsidiary」となっています。

まとめ

「affiliate」と「subsidiary」は、企業や組織間の関係を表す言葉です。関連会社や提携先を指す「affiliate」と、親会社が統制・支配する子会社を指す「subsidiary」の違いに注意しましょう。これらの言葉はビジネスの場でよく使われるので、しっかりと意味を理解しておきましょう。