専門用語・業界用語

どう違う?「茶番」と「猿芝居」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「茶番」と「猿芝居」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「茶番」とは?

茶番とは、演劇や芝居の一形態です。主に笑いや笑いを誘うことを目的とし、コメディ要素のある作品や場面のことを指します。登場人物の行動やセリフがおかしな展開を取り、観客を楽しませることが目的です。

「猿芝居」とは?

猿芝居とは、茶番の一種で、猿が登場する特徴的な演目です。人間が猿の真似をして演じることが一般的であり、猿の真似をすることからその名前がついています。茶番の中での一要素として用いられることが多く、コメディ劇やお祭りなどで観ることができます。

「茶番」と「猿芝居」の違い

茶番と猿芝居は、演劇の形態として類似点がありますが、いくつかの違いもあります。茶番は笑いや笑いを誘うことを目的としており、様々な要素や場面で笑いを取り入れます。一方、猿芝居はその名前からもわかるように、猿の真似をすることが特徴であり、茶番の一要素として用いられることが多いです。

「茶番」の例文

茶番の例として、以下のようなセリフがあります。

A: 「おい、あなた、あの辺の木登りがうまいって聞いてるけど、本当かい?」
B: 「ええ、私は木登りの名人だよ。どこでもどんな木でも登って見せるよ!」
A: 「それなら、この高い木に登ってみてくれないか?」
B: 「えっ、この木?な、なんて高いんだ!でも、言ったからには登って見せなくちゃね!」
(Bが必死に木に登ろうとするが、なかなか登れない様子)

「猿芝居」の例文

猿芝居の一例として、以下のような場面があります。

(主人公が猿の真似をしながら登場)
A: 「喋ってくれないんですか?何も言わないのはつまらないじゃないですか!」
猿: (猿の真似をしながら)「ウッキー!ウッキー!」
B: 「あはは、この猿、なんて可愛いんだ!」
(猿がお辞儀をする)
A: 「あれ、猿ってお辞儀もするんですか?すごいですね!」
(猿がまたウッキーと叫びながら去っていく)

まとめ

茶番と猿芝居は、演劇の形態として笑いや笑いを誘うことを目的としていますが、猿芝居はその名前からわかるように猿の真似をすることが特徴です。茶番や猿芝居は、観客を楽しませるための演目であり、笑いを提供することによって、人々の心を和ませる役割を果たします。