ビジネス・就職・転職

どう違う?「職種」と「職務」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「職種」と「職務」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「職種」とは?

職種とは、あなたが働いているもしくは将来働きたい分野や業界のカテゴリーを指します。一般的には、営業、人事、研究開発、製造、財務など、さまざまな職種が存在します。

「職務」とは?

職務は、あなたが担当する業務や仕事の内容を指します。職務は、職種によって異なります。例えば、営業職種の職務には、顧客との対話や営業活動が含まれる場合があります。人事職種の職務には、採用業務や労務管理などが含まれる場合があります。

「職種」と「職務」の違い

職種と職務の違いは、大まかなカテゴリーと具体的な業務内容の違いにあります。職種はあなたの働く分野や業界を表し、カテゴリーとしての特徴を持ちます。一方、職務はあなたが担当する具体的な業務内容を指し、その職種における具体的な役割や責任を示します。

「職種」の例文

例えば、IT業界における職種の例を挙げると、ソフトウェアエンジニア、ネットワークエンジニア、データサイエンティストなどがあります。これらの職種は、それぞれ異なる技術やスキルを必要とし、それぞれの特徴や役割があります。

「職務」の例文

同じくIT業界における職務の例を挙げると、ソフトウェアエンジニアの職務には、プログラミングやソフトウェア開発が含まれる場合があります。ネットワークエンジニアの職務には、ネットワークの設計や保守管理が含まれる場合があります。データサイエンティストの職務には、データ分析や予測モデルの構築が含まれる場合があります。

まとめ

職種と職務は、あなたの働く分野や具体的な業務内容を表す言葉です。職種はカテゴリーを示し、職務はそのカテゴリーにおける具体的な業務内容を指します。あなたが選ぶ職種と職務は、あなたの経験やスキル、興味に合わせて選ぶことが重要です。