専門用語・業界用語

どう違う?「意図」と「意思」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「意図」と「意思」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「意図」とは?

意図とは、何かを行う際の主な目的や目標のことを指します。つまり、何かをすることに対する意図は、その行動や選択に対する意図や目的を表します。

「意思」とは?

意思とは、自分の意志や意向、希望に基づいて行動することを指します。つまり、自分が何かをする意志や意向があるとき、それを意思と言います。

「意図」と「意思」の違い

「意図」と「意思」の違いは、行動のモチベーションや目的にあります。意図はあくまで何かを行う際の目的や目標であり、その行動に対する意志や意向が含まれている場合もあります。一方、「意思」は自分の意志や意向に基づいて行動することを指し、あくまで自分の主体性や選択による行動を表します。

「意図」の例文

例文1: 私の意図は、このプロジェクトを成功させることです。
例文2: 彼女の意図は、経済的自立を達成することです。

「意思」の例文

例文1: 彼は意思を持って大学進学を決めました。
例文2: 私の意思は、新しいキャリアに挑戦することです。

まとめ

意図と意思は、行動や選択における目的や主体性を表す言葉です。意図は何かを行う際の目的や目標を表し、意思は自分の意志や意向に基づいて行動することを指します。私たちは意図や意思を持ちながら、日常のさまざまな行動や選択をしています。これらの意図と意思を明確にすることで、自分自身の行動や選択の意味を深く理解し、より効果的な行動をとることができるでしょう。