専門用語・業界用語

どう違う?「修正」と「訂正」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「修正」と「訂正」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「修正」とは?

「修正」とは、何かの間違いや誤りを正すことです。例えば、文章や資料の誤字や脱字を修正する場合や、計算結果の間違いを修正する場合などがあります。

「訂正」とは?

「訂正」とは、何かの誤りや間違いを正確に修正することです。例えば、誤った情報を正しい情報に訂正する場合や、間違った理解を正しい理解に訂正する場合などがあります。

「修正」と「訂正」の違い

「修正」と「訂正」の違いは、修正は誤りを正すことを指し、訂正は誤りを正確に修正することを指す点です。修正は誤りの程度が軽い場合に用いられることが多く、訂正は誤りの程度が重い場合や正確さを要する場合に用いられることが多いです。

「修正」の例文

1. 報告書の誤字を修正しました。
2. 計算結果の間違いを修正しました。

「訂正」の例文

1. 情報の誤りを訂正しました。
2. 誤った理解を正確に訂正しました。

まとめ

「修正」とは誤りを正すことを指し、「訂正」とは誤りを正確に修正することを指します。どちらも初心者にもわかりやすく丁寧に回答することが求められます。また、トーンはカジュアルであることが望まれます。