専門用語・業界用語

どう違う?「rescue」と「save」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「rescue」と「save」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「rescue」とは?

「rescue」とは、危険や困難から救助することを意味します。主に人や動物を助ける場面で使用されます。

「save」とは?

「save」とも「rescue」と同じく、危険や困難から救助することを意味します。こちらも主に人や動物を助ける場面で使われます。

「rescue」と「save」の違い

「rescue」と「save」は基本的に同じ意味ですが、微妙な違いがあります。一般的には「rescue」はより強い意味合いを持ち、救助が危険や困難に直面して行われる場合に使われます。「save」は比較的一般的な救助行為を指し、特に危険や困難が伴わない場合によく使われます。

「rescue」の例文

1. ファイヤーマンは火事で閉じ込められた人々を[丁寧にrescue]しました。
2. 災害から[カナリアをrescue]するために、専門家が派遣されました。

「save」の例文

1. ライフガードは溺れている人を[うまくsave]することができました。
2. この医薬品は生命を[確実にsave]することができます。

まとめ

「rescue」と「save」は、危険や困難からの救助を意味する言葉です。微妙な違いはありますが、一般的には「rescue」はより困難な救助を指し、「save」は比較的簡単な救助を指します。両方の言葉を適切に使い分けることが大切です。