ビジネス・就職・転職

どう違う?「辞任」と「辞職」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「辞任」と「辞職」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「辞任」とは?

「辞任」とは、公職や役職などを自らやめることを指します。特に、政治や経済の世界でよく使われる言葉です。

「辞職」とは?

「辞職」とは、「辞任」と同じく役職や職業をやめることを指します。ただし、「辞職」は、会社や組織などでの職を辞める場合に使われることが多いです。

「辞任」と「辞職」の違い

「辞任」と「辞職」の違いは、使われる場面や文脈にあります。一般的には、「辞任」は政治や経済の世界でよく使われ、公職などに関連しています。一方、「辞職」は、会社や組織での職に関連して使われます。

「辞任」の例文

1. 役職に就いたままではなく、プライベートを大切にするために辞任しました。
2. 不正行為が明るみに出たため、CEOは辞任せざるを得なくなった。

「辞職」の例文

1. 新しい職場でのチャンスを追求するために、私は現在の職を辞職することになりました。
2. 健康上の理由から、申し訳ありませんが私は辞職せざるを得ません。

まとめ

「辞任」とは公職や役職を自らやめることを指し、「辞職」とは会社や組織での職をやめることを指します。使われる場面や文脈によって使い分けられます。例文を通して、それぞれの意味と使用法を理解しましょう。