専門用語・業界用語

どう違う?「確定」と「決定」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「確定」と「決定」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「確定」とは?

「確定」とは、何かを確かめたり、決めたりすることを意味します。具体的には、情報や結果が正しいことが確実になることや、予定や計画が最終的に決まることを指します。

「決定」とは?

「決定」とは、何かを決めることを意味します。具体的には、選択肢の中から最終的な選択を行ったり、方針や政策を確定することを指します。

「確定」と「決定」の違い

「確定」と「決定」の違いは、主に以下のような点があります。

– 「確定」は、情報や結果が正しいことが確実になることを指すのに対し、「決定」は、選択や決めることを指す点が異なります。
– 「確定」は、確定的な結果や情報を得ることが目的ですが、「決定」は、選択や決めることそのものが目的です。

「確定」の例文

以下に「確定」の例文をいくつか紹介します。

1. 彼の死亡が確定した。
2. レポートの内容が確定した。
3. イベントの日程が確定しました。

「決定」の例文

以下に「決定」の例文をいくつか紹介します。

1. 今週末の予定を決定しましょう。
2. 会議の議題が決定しました。
3. 新商品の価格が決定しました。

まとめ

「確定」と「決定」は、どちらも何かを確かめたり決めたりすることを意味しますが、微妙な違いがあります。確定は情報や結果に対して、決定は選択や方針に対して使用されることが多いです。