専門用語・業界用語

どう違う?「決意」と「決断」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「決意」と「決断」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「決意」とは?

「決意」とは、自分の意志を固めて、しっかりとした意思を持つことです。自分の理想や目標を達成するために、強い意志を持って努力することが求められます。

「決断」とは?

「決断」とは、何かを選ぶ、決めるという意味です。一方的な判断や選択が必要な場面で、自分の意志や判断に基づいて選びます。重要な意思決定や判断力が求められます。

「決意」と「決断」の違い

「決意」と「決断」は似ていますが、微妙な違いがあります。決意は自分の心の中で固く決めた意志や覚悟を指し、努力を重ねて目標を達成することを意味します。一方、決断は選択肢の中から一つを選ぶことを指し、状況や情報を考慮して判断し、行動に移すことです。

「決意」の例文

1. 私は英語をマスターするために、毎日の勉強に決意を固めました。
2. 人々の幸福のために、社会に貢献する決意を持っています。

「決断」の例文

1. 転職するかどうか迷っていたが、家族と相談の結果、転職を決断しました。
2. 自分の意見を持って、積極的に発言し行動するために、自己表現をする決断をしました。

まとめ

「決意」と「決断」は、自分の意志を持つことや選択をすることについて使われる言葉です。自己啓発や自己成長をするためには、まずは自分自身に対してしっかりと決意を持ち、その決意を基に適切な決断をすることが重要です。自分なりの目標を持って、積極的に行動しましょう。