場所

どう違う?「walkway」と「sidewalk」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「walkway」と「sidewalk」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「walkway」とは?

「walkway」とは、歩行者が歩くための通路や経路のことです。一般的には、公園や庭園、ショッピングセンターや駅などで見かけることがあります。

「sidewalk」とは?

「sidewalk」とは、道路の脇にある歩道のことです。主に街や住宅地などで見かけることが多く、歩行者が歩くための安全な場所として整備されています。

「walkway」と「sidewalk」の違い

「walkway」と「sidewalk」の違いは、主に使用される場所や目的にあります。

まず、「walkway」は、公園や庭園、ショッピングセンターや駅などの施設内で使用されることが多いです。一方、「sidewalk」は、街や住宅地などの道路脇に整備され、歩行者が安全に通行できるように提供されています。

また、「walkway」は、景観や利便性を重視した設計がされていることがあります。一方、「sidewalk」は、交通の安全を確保するために設けられており、車両と歩行者の衝突を防ぐことを重視しています。

「walkway」の例文

1. 公園内に整備された歩行者専用のwalkwayが、美しい景色を楽しむための絶好の場所です。
2. 最寄り駅からショッピングセンターまでの間には、便利なwalkwayが整備されています。

「sidewalk」の例文

1. 街中のsidewalkを歩いていると、さまざまなお店やカフェが目に入ります。
2. 住宅地のsidewalkでは、子どもたちが安心して遊べる環境が整備されています。

まとめ

「walkway」と「sidewalk」は、歩行者が安全に通行できるように設けられた通路や歩道です。使用される場所や目的によって異なる場所で使用され、それぞれの特徴を持っています。