専門用語・業界用語

どう違う?「only」と「single」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「only」と「single」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「only」とは?

「only」とは、日本語で「ただ」「単に」という意味で使用される単語です。英語の文章で使われることが多く、特定の条件や制約を表すために用いられます。

「single」とは?

「single」とは、日本語で「単一の」「一つだけの」という意味です。英語の文章で使われることが多く、一つの対象や属性に関する情報を表現するために使用されます。

「only」と「single」の違い

「only」と「single」は、意味や使われる文脈が異なります。

「only」は、単に特定の条件や制約を表現するために用いられます。例えば、「I can only speak English.」という文は、「私は英語しか話せません」という意味になります。

一方、「single」は、一つの対象や属性に関する情報を表現するために使用されます。例えば、「He is a single child.」という文は、「彼は一人っ子です」という意味になります。

「only」の例文

以下に「only」を使った例文をいくつか示します。

1. I can only eat vegetables.(私は野菜しか食べられません。)
2. They only sell organic products.(彼らはオーガニック商品しか販売していません。)
3. We can only accept cash payments.(私たちは現金の支払いのみ受け付けます。)

「single」の例文

以下に「single」を使った例文をいくつか示します。

1. She is a single mother.(彼女はシングルマザーです。)
2. I don’t have a single penny.(私は一銭も持っていません。)
3. He is currently single.(彼は現在独身です。)

まとめ

「only」と「single」は異なる意味や文脈で使用される単語です。「only」は特定の条件や制約を表現するために、「single」は一つの対象や属性に関する情報を表現するために使用されます。これらの単語を使い分けることで、文章のニュアンスや意味を正確に表現することができます。